ウエストンピンク

ウエストンピンク

Amazonで詳細を見てみる
楽天市場で詳細を見てみる
定価
  • 100錠:オープン価格(販売店によって変化)
  • 400錠:オープン価格
1日(3錠)あたりの価格
  • 100錠:-
  • 400錠:-
お腹への優しさ ★☆☆☆☆
手軽さ ★★★☆☆
携帯しやすさ ★★★☆☆

※価格はすべて税込価格で表示しています。
※「1日あたりの値段」は小数点第一位以下を切り捨てで表示しています。
※価格は変動している可能性があります。

強力な排便作用と即効性が期待できるウエストンピンク!

この記事ではそんなウエストンピンクについて、
  • どんな商品なの?
  • 口コミはどうなっているの?
  • 副作用は大丈夫?
などの情報をわかりやすく、ギュッと詰め込んでみました♪

調査をしているうちに分かった、ウエストンピンクのある”意外な事実”とは??

ウエストンピンクってどんな商品?

ウエストンピンクは「ビサコジル」という成分を主成分にしている商品です。

ビサコジルというと、かの有名な便秘薬である「コーラック」に含まれている成分とまったく同じですね♪

なので、ウエストンピンクもかなり強力な排便作用を持っていて、あなたが相当な便秘症の持ち主であったとしても”出しきる”ことも可能でしょう(*´ω`)

ウエストンピンクの口コミ

ではさっそく、そんなウエストンピンクの口コミから見ていきましょう♪

いい口コミ

まず、いい口コミは次のようになっていました(´っ・ω・)っ
これはすごい!とにかく出ます!コーラックに似ていますが、こちらはまだお腹の痛みも少なくて愛用しています♪
効果が出るのが早いです!しかも乳酸菌が入っているので、整腸効果も見込めるのがいいですね。
    ウエストンピンクのいい口コミを見ていると、とにかく「出る!」「即効性がある!」という口コミが多かったです。

    これは便秘解消にかなり期待できそう♪

悪い口コミ

では続いて、悪い口コミを見ていきましょう(´っ・ω・)っ
激痛に襲われます。しかも下痢になるのでかなりひどいことになります。もう使えません。
ピンクの小粒並みに強烈な効き目がありますが痛みも強烈です。
以前使った時に出るには出ましたが、お腹が痛くてたまりませんでした。トイレから出られなくもなります。
    ウエストンピンクの悪い口コミを見ていると、とにかく「激しい腹痛に襲われる!」「下痢になる!」といった声が多かったです。

    ここで種明かしをしてしまうと、これら腹痛・下痢の副作用というのも、すべて冒頭でも少し紹介したビサコジルの影響!

    さらに、ビサコジルには腹痛や下痢だけではなく、さらに恐い副作用もあるんです。

    このことについては、次の「ウエストンピンクの成分」で詳しく紹介をしていきます!

ウエストンピンクの成分

では続いて、ウエストンピンクの成分について見ていきましょう!

まず、ウエストンピンクの成分表は次のようになっています(´っ・ω・)っ
【成分・分量(1錠中)】
ビサコジル 5mg
有胞子性乳酸菌 12mg
※添加物:ヒドロキシプロピルセルロース、メチルセルロース、ステアリン酸Ca、 乳糖水和物、セルロース、ヒプロメロース、ヒプロメロースフタル酸エステル、 クエン酸トリエチル、マクロゴール、セラック、リン酸水素Ca水和物、アラビアゴム、ゼラチン、タルク、酸化チタン、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、白糖、カルナウバロウ、赤色3号
上の表を見てもらうと、2つの成分が主成分になっていることがわかりますね。

このうち「乳酸菌」は腸内善玉菌のエサになって善玉菌を増やす働きがあります。

ただ、ビサコジルについては取扱いにちょっと注意が必要な成分でもあるんです。

ということで、ここでビサコジルについて少し詳しく解説をしておきましょう(。-`ω-)

ビサコジルの働き

まず、ビサコジルは腸内に入ると大腸をムリやり動かして「ぜんどう運動(便を前に前に移動させる運動)」を起こさせます。

このように大腸を刺激するタイプの成分を「アントラキノン系」と言いますが、アントラキノン系成分は数ある便秘薬の中でもトップクラスの排便作用を持っています。

そしてビサコジルはそんなアントラキノン系成分の中でもとくに強力な部類なので、排便作用は”最強クラス”だと思ってください( ゚Д゚)

なので、あなたがどれだけ便秘症であったとしても、たいていの場合「ドッサリ!」出してしまうことができるでしょう。

でも、アントラキノン系成分には腹痛や下痢などの副作用が大きいというデメリットもあるんですね。

ここで、よく「溜まってたうんちが出てくれるならちょっとお腹が痛くなったり下痢になったりしても我慢できる!」という人がいます。

でも、実はアントラキノン系の成分には、腹痛や下痢以上にもっと恐い副作用もあるんです。

アントラキノン系成分の一番恐い副作用

その副作用はなにかというと、ずばり「使い続けることでさらに便秘の症状が悪化していく」ということ!

というのも、さきほどアントラキノン系成分は腸をムリやり動かすということは説明しましたが、これを繰り返すと腸がそのうち「ああ、私が自分で動かなくてもうんちは勝手に出てくれるんだ( *´艸`)♪」と思って、怠け始めてしまうんです。

そうなるとさらに薬の量を増やしたり、もっと強力な下剤を使わないとうんちができないようにもなってしまう危険性があります。

ここまでくると、元の自然な排便力を取り戻すのはかなり時間もかかってしまうでしょう。

アントラキノン系成分は便秘薬にはよく含まれていますから、このような性質があるということはよく知っておく必要があります(。-`ω-)

ウエストンピンクの安全性は?副作用などはない?

では続いて、ウエストンピンクの副作用について見ていきましょう!

ウエストンピンクの説明書には次のような副作用の危険性があると書かれていました(´っ・ω・)っ
【起こりうる副作用】
消化器
  • はげしい腹痛
  • 吐き気・嘔吐
  • 下痢
あと、これに加えて「使い続けることで逆にどんどん便秘の症状が悪化していく」というのも大きな副作用のひとつですね。

取扱いには要注意です(*´Д`)

ウエストンピンクの効果的な飲み方

では続いて、ウエストンピンクの効果的な飲み方について見ていきましょう!

基本的にどんな商品でも一番効果的な飲み方というのはずばり「説明書に書かれてある通りに飲む」こと。

ということでウエストンピンクの説明書に書かれてある用法用量を見てみると、次のように書かれていました(´っ・ω・)っ
【用法・用量】
次の量を1日1回、就寝前(または空腹時)に服用してください。ただし、初回は最小量を用い、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量または減量してください。
15歳以上 1~3錠
15歳未満 服用しないでください。
※空腹時の目安:食後なるべく2時間以上
ただ、上の用法用量には「1日1回」と書かれていますが、毎日のように飲むのだけは避けるようにしてください。

というのも、これは繰り返しご紹介しているとおり、ウエストンピンクにはアントラキノン系の成分が配合されていて、頻繁に使うとさらに便秘の症状が悪化していってしまうからです。

なので、もしウエストンピンクを使われるのであれば、本当に苦しい時だけ、多くても「1週間に1回」程度に抑えておくようにしてください(。-`ω-)

ウエストンピンクがオススメできる人、オススメできない人

これまでの内容をふまえて、ウエストンピンクがオススメできる人、できない人は次のとおり(´っ・ω・)っ

オススメできる人

  • 応急処置的に便を出してしまいたい人

オススメできない人

  • 根本から便秘を治したい人
  • もともとお腹の弱い人

ウエストンピンクの主な購入方法

ウエストンピンクの主な購入場所と最安値を表にまとめてみました!

ぜひ参考にしてみてください(*´з`)♪
最安値(送料)
Amazon
  • 100錠:636円(+関東への配送料無料 )
  • 400錠:1,980円(+関東への配送料無料 )
楽天市場
  • 100錠:534円(+600円)
  • 400錠:1,650円(+600円)

※価格はすべて税込価格で表示しています。
※価格は変動している可能性があります。

Amazonで詳細を見てみる
楽天市場で詳細を見てみる

まとめ

ここまで、ウエストンピンクについて詳しく見てきましたが、商品に対する理解は深まったでしょうか??

まとめると、ウエストンピンクはたしかに強力な排便作用と即効性が魅力的な便秘薬です。

ただ、腹痛や下痢などの副作用が大きく、さらに使い続けることでだんだん自然な排便力が失われていってしまうという危険性もあります。

なので、便秘解消にこの商品を使うのは正直あまりオススメではありません…。

もし本気で便秘を解消したいと思われているのであれば、もっと効果のある商品はあります!

ただ、どれほどいい商品でも、人によって合う・合わないは必ずあるもの。

そこで下にある「スッキリ!便秘解消法診断」では、いくつかの質問に答えてもらうだけで今のあなたにピッタリな便秘解消法とそれに合った商品が表示されるようになっています。

診断は30秒ほどで終わるので、ぜひ一度試してみてください♪

あなたの便秘が1日でも早く治ることを心より応援しています♪

診断

診断

診断ボタン

診断